29
4月

定年退職した人たちの再就職先

定年退職をすることになった人たちは、これまでそこで勤め上げてきた満足感、最後まで働き続けることができた充実感を感じているかもしれません。同時に年齢は確かに若くはないが、体力的には問題がなく、まだまだ働ける、そんな気持ちを持つことも多いことでしょう。これまで毎朝出勤することが当たり前であったのに、もうその必要もなくなってしまったのです。

とはいえ、やはり人間は働いていた方が幸せと感じることが多く、低い収入でもいいから就職先を探して、もう少し働き続けたい、そのような気持ちになるかもしれません。これまでとは職種の違う、高齢者向けの仕事かもしれませんが、家でなにもせずにぼーっとするよりも、体や頭を動かすことができる、それに収入も得ることができるということで、それはそれで良いことなのです。高齢者の就職を支援するサービスもあるので、活用することができます。

25
4月

働き方の多様化を示すフリーランスエンジニア

働き方の多様化が言われるようになってきた今の時代、スキルのある人たちが有利に仕事を受け、稼ぐことができるようになっています。特にフリーランスという立場は、スキルさえあれば、どんどん仕事をすることができ、ステップアップしていくことが可能です。エンジニアとしての仕事の幅が広がり、有名な企業と取引をすることができるようになるかもしれません。

人手不足が深刻になっていますので、エンジニアへの待遇も良いものとなっています。会社員では絶対にここまで貰えないであろう収入を得ることも可能ですし、自由な時間が持てるようになることで、精神的なストレスも随分軽減されるようになります。フリーランスになって良かったと思う人は多く、やってみる価値があります。早い人は20代から、40代や50代からフリーランスのエンジニアになる人もいて、チャレンジ精神があります。

20
4月

婚活のおかげで結婚しました

私は、本格的に婚活を始め、絶対に結婚してやるぞという気持ちから、積極的に活動をしたおかげで結婚することが出来ました。

日常生活の中では、私自身、異性に出会うことはありませんし、友達の紹介というのも可能性はほとんど無かったので、結婚するために婚活を頑張ったのは正解だったなと思います。

婚活での良いところは、自分だけで無く、相手の人も結婚を意識してくれている人だと言うことです。

日常の中では、いいなと思う人が居ても、その人が私との結婚を考えてくれているかは分かりません。
ですが、婚活で異性と知り合うということは、相手の人もいずれは結婚をと考えてくれているので、お付き合いが始まっても結婚の話をしやすい状況です。

私自身、婚活を始めて知り合った人と半年後には結婚の話をすることが出来、お互いの親への挨拶も積極的に日程を決めることが出来ました。

頑張って良かったなと思っています。

15
4月

彼女との初デートはなんと神社巡り

明日は婚活サイトで会った彼女と神社巡りの予定。きっかけは最初婚活サイトに登録する時に「神社仏閣巡りとスポーツだったらどっちが好きか?」という質問欄があって、自分はどちらかというと落ち着いたものが好きなので、神社仏閣巡りの方に○を付けていた。自分としては神社仏閣にそれほど詳しい訳でもなく、なんとなく選んだ答えだったのだけど、なんと紹介された子は、バリバリに神社仏閣に詳しくて全国の神社仏閣を訪ね歩いていると言う。余りに楽しそうに話すので、じゃあ今度一緒に行きましょうという話になって、今回初めて本格的な神社巡りデビューということになった。まあ自分が初めてということもあって、彼女もいろいろ調べてくれて、沢山の神社が集まっている場所があるそうで、明日はそこに連れて行ってくれるらしい。マップで調べてみると確かに自然豊かな場所に神社仏閣が散在している。直接会うのは明日が初めてだけど、メールで話している分には自分と凄く気が合うのが分かる。出会いはいつやってくるか分からない。これをきっかけになんとかゴールイン出来たらいいな〜。とにかく明日は失敗のないよう準備万端、今日は早く寝て明日に備えようと思う。

14
4月

お見合いは出会いのひとつに数えられるのか?

ずっと昔から、お見合い文化が根付いている日本。
以前のように仲人を立てた正式なお見合いとは形が変わってきていることは確かですが、いまでも「紹介」という名のお見合い形式は残っています。
では、なぜ紹介という形に変わってきたのでしょうか。
それは、古来のお見合いには、本人の意思が確実に反映されないこともあったからです。
お家事情などによって、嫌でも結婚させられてしまう。
そんなマイナスイメージが現存していて、それを嫌がる人たちがお見合いを「紹介」という呼び名に改めたわけです。
また、モテない人同士の最終手段というイメージも影響していたかもしれません。
しかしながら、現代の人たちは非常に合理的な考えでお見合いを好む人もいます。
相手を探す時間がもったいない。
恋愛と結婚は別だから、出会い方にこだわらない。
そうして、今でもお見合いは健在。
お見合いという出会い方として、これからも残り続けることでしょう。

10
4月

お金がなくても出会える方法

自分はお金がないので、異性と出会うことができないと思ったことがありませんか?特に男性の場合は、お金がないことにより、最初から諦めてしまうこともあります。デートをしたいと思ってもお金がないのでできないのです。それだったら、最初からそのような出会いを求めずにいようと思っていることもあるのです。
しかし出会いというのは、お金がなくても全く問題なく実施することができます。どこで出会うのか、それは自分でもわからないこともあるのです。そのため、出会いがないとお金を気にする必要はありません。
お金がなくても出会いの方法があるのです。それは、なんといっても婚活サイトです。それはそんなにお金をかけることなく簡単に出会うことができます。お金が問題ではないので、どんどんその方法で出会うようにしましょう。気持ちが大事なので、それで良い場合は会うようにすればいいのです。

5
4月

タクシードライバーは免許が必要

タクシードライバーは、割とノルマがしっかりとしているというところが大変ではあるのですがそれをクリアできるのであれば特に文句を言われるということもありませんので、ある意味でとても働きやすいといえるでしょう。走行ノルマなんてものもあったりしますから、これは覚悟しておきましょう。転職としてタクシードライバーを選択するというのであれば二種免許というのが必要になります。要するに人を乗せて運転をするということに対しての運転免許ということです。難しいとは言われているのですが実際問題きちんと運転が得意と自負する人であれば基本的にはそんなに技術的に難しいということがあるわけではないです。運転免許を取得するために学校に通ったということの方が多いでしょうが、そういうところでまた学びなおすというような形になるでしょう。お金は結構かかりますし割と怒られることも多いのですが慣れてしまえば大した問題ではありませんので心配することでもないです。

5
4月

タクシードライバーの将来

最近タクシードライバーが減ったように思う。
タクシーのイメージは「高い」など、わざわざタクシーを使う意味が無いからだと思います。
しかし、飲酒運転の規制強化で、一部のタクシー層が有名になりました。
いわゆる、代行タクシー業務です。
わたくしも、よく友人と飲みに出かけたり、会社の同僚とまたは旧友との飲み会の際には、よく代行サービスを利用します。
非常に便利で安心できるサービスだと実感しております。
しかしながら、全体の利用者で見た場合、どうでしょう?
普通のタクシー同様、わざわざタクシーを使うことは珍しいと感じます。
家に家族がいれば、家族に迎えに来てもらうことが一般的であるように感じてなりません。
オリンピックでは、ついに自動の車が導入されます。
すでに、世界的には自動の車の導入が進んでいる地域もあります。
でも、すぐに導入化が進むわけではありませんので、現在は老後などの小遣い稼ぎとしては、有効で気軽な職業といえるかもしれません。
もちろんこれは、自営業でタクシー運転手をする場合に限られますが、わたくしも老後はタクシー業も選択肢の一つではないかと近頃考えております。

3
4月

婚活ファッションと私

ファッションは、第一印象を左右する大事な要素です。
特に婚活においては、自己アピールのチャンスです。
「婚活 ファッション」で検索すると、おススメ婚活ファッションの数々が出てきます。
女性の婚活ファッションで最も無難および好感度が高いのは、女子アナ風だそうです。
はて、困りました。
女子アナと言えば、ヘアスタイルはつややかなボブかストレートのロングヘア、もしくは毛先を巻いたゆるふわヘアです。
すっきりしたショートカットの私とは大違いです。
服装は、ひざ丈のふんわりしたスカートにナチュラルストッキング、ヒールの靴。
私はナチュラルストッキングをはかないし、腰痛持ちなのでヒールの靴が履けません。
冷え性なので、スカートはいつもロングを愛用しています。
すてに不戦敗感満載です。
できる範囲でやるしかないと覚悟を決め、そんな私がいい、という人に出会えますように、と祈るばかりです。

2
4月

タクシードライバーは魅力的な仕事

タクシードライバーは運転をすることが好きな人であれば目指す価値のある仕事の一つであるというのでしょう。どのように目指すのかということですがまずは運転免許を持っていなければ話にならないです。その運転免許なのですが普通免許ではなく二種免許というものを持っていないとダメということになっています。人を乗せて運ぶということになりますのできちんとした特別な資格を持っているということが求められることになっています。タクシードライバーは二種免許を取得できる状況であればタクシー会社に採用されるということがあったりします。資格取得の費用なども出してくれるということがほとんどですから実はまだ免許を取得していない状態であろうとも割と働けたりするわけです。ただし二種免許を持っていない状況であり、運転免許自体はまだ普通に持っていない場合はそれを取得してから二種免許を取るまでに年数が必要になりますからそれはさすがに無理です。この点は理解しておきましょう。