25
12月

頻尿も泌尿器科で治療を受けよう

毎日の生活の中で、トイレに頻回に行くことがあります。それは、一つとして緊張をしている時に行くことがありますね。そのときは、誰でも起きることなのです。そのため、心配することはありません。その状況を外れると直ぐに回復することができます。

そんなときもあれば、いつもトイレが心配と思うこともあります。そんなふうになると、毎日の生活の中で困ることが多くなりますね。どこに行くのも、トイレを気にしながら行動をすることになるのです。そんなことになると、旅行に行くこともむつかしくなります。

特に年を取ると、頻尿という症状が多くなりますね。これは誰でも起きることなので、仕方がないと思うことも。しかしそれを改善できると、生活をしやすくなります。

その改善できるのは、泌尿器科を受診することです。そこでは、専用の治療機等を設置しているところもあります。

いずれにしてもまずは恥ずかしがらずに何かの症状がでたら泌尿器科のある病院を受診しましょう。

2
12月

タクシーの運転手さんに思うこと

私は仕事の都合上、よくタクシーを利用します。タクシーの乗車時間はだいたいいつも10分程です。
タクシーに乗るときによく思うのは、「空気が読める運転手さんだといいなぁ」ということです。

と言いますのも、仕事の移動で乗ることが多いので、タクシーに乗ってもスマホやノートパソコンを広げて仕事をしたいのです。簡単なメールの返信や競合他社の情報収集など細かい作業ができる貴重なスキマ時間だと思っているのですが、そんなこちらの状況などお構いなしにガンガン話しかけてくる運転手さんがいます。

「今日の雨は夜まで続きそうですね」などという挨拶程度の会話であれば、「そうですね」と返して終わることができるのですが、「昨日の国会の騒動見ましたか?あれ、どう思います?私はね~…」と一方的に途切れない会話をスタートさせてしまう運転手さんだと結局何もできないまま目的地に着いてしまうんですよね。

運転手さんもお客さんとコミュニケーションを取ることも含めてお仕事でしょうから、仕方ないとも思うのですが、できることなら空気を読んで、その場その場に適したコミュニケーションの具合をはかっていただけるとありがたいと思います。

1
12月

婚活をアプリを使ってはじめようと思います

婚活をもう40代になったのでしないとまずいなと思うようになりました。しかし、お見合いとかとなると緊張してうまくいかなそうな気がしたので、インターネットのアプリなどを使って婚活したらどうかなと思いました。

婚活というとかなり気合を入れなければならないなと思ったのですが、実際にアプリを使ってみると意外と出会いというのは沢山あることに気づきました。何人かにメッセージを送ったのですが、すぐに3人の女性とメッセージの交換をすることができました。

これならば、続けていけば、結婚相手も見つかるかもしれないなと期待が出てきました。プロフィールを見て気に入った子に、とにかくメッセージを送ったので、返ってきた子はみんな自分のお気に入りです。こんなにも、効率的に出会うことができるなんていいなと思いました。