お見合いは出会いのひとつに数えられるのか?

ずっと昔から、お見合い文化が根付いている日本。
以前のように仲人を立てた正式なお見合いとは形が変わってきていることは確かですが、いまでも「紹介」という名のお見合い形式は残っています。
では、なぜ紹介という形に変わってきたのでしょうか。
それは、古来のお見合いには、本人の意思が確実に反映されないこともあったからです。
お家事情などによって、嫌でも結婚させられてしまう。
そんなマイナスイメージが現存していて、それを嫌がる人たちがお見合いを「紹介」という呼び名に改めたわけです。
また、モテない人同士の最終手段というイメージも影響していたかもしれません。
しかしながら、現代の人たちは非常に合理的な考えでお見合いを好む人もいます。
相手を探す時間がもったいない。
恋愛と結婚は別だから、出会い方にこだわらない。
そうして、今でもお見合いは健在。
お見合いという出会い方として、これからも残り続けることでしょう。