気になる2019年以降の売電価格

太陽光発電で美味しいのは売電です。太陽光発電で作り出した電力は、自分で使うことができるのはもちろんのこと、余った電力を売ることもできるのです。これにより初期投資を回収することができ、やがてはプラスの生活が待っているというわけです。

ただ、これから太陽光発電を始める場合は、売電価格が現在よりも安くなってしまうのが残念なところです。現在の想定されている2019年以降の売電価格は11円/kWhとなっています。しかしどの電力会社に売電するかによって、金額増減する可能性があります。

だから賢く電力会社を選ばなければなりません。これまで高く売電できた方々は本当にラッキーだったと思いますが、ではこれから太陽光発電を始めるのは損なのかといえば必ずしもそうではありません。というのは10年前よりもはるかに技術が進んで、発電能力がアップしているからです。プラスの面を見ていきたいものです。