12
3月

テレビ局で働く旧友に会いました

ちょっと前に、学生時代によくつるんでいた友達から連絡があり、久しぶりに会って食事をすることになりました。彼の家は、私の家から電車で30分くらいかかるところにありますので、会おうと思えば比較的、簡単に会うことができる旧友です。

彼はテレビ局、しかもキー局に勤めているので、日頃はかなり忙しいらしいです。ですから、休日の週末を狙って食事の予定を立てました。そして、先日会って来たのですが、かなり久しぶりだったこともあり、色々な話に花が咲きました。

中でも、彼のテレビ局の話はとても興味深かったです。なんでも、彼の会社の広告収入が最近がた落ちしているらしいのです。それで、会社のかなりの割合の利益を支えているのが、会社が不動産投資をして所有しているビル、マンションから上がる収益、だというのです。なかなか他では聞けない話なので、とても有意義な時間を過ごせました。

6
3月

昔住んでいた家の大家さんのこと

昔、私が小学生のときに約6年間住んでいた家の大家さんのことをふと思い出しました。そのときはもう70代ぐらいのお爺さんでしたが、私たちが住んでいた一軒家を私たちに貸し出すことによってお爺さんでも家賃収入を得ることができていたのですね。

賢いと思います。独り身の人だったみたいですし、年をとっても収入を保つことができるので良いですね。不動産投資のことを考えさせられる思い出でした、今となっては。恐らくあの家は大家さんが購入したときには割と安かったのだと思います。

昔でしたしあの地域の家の値段が上がる前の時代でしたからね。

かなり運が良かった大家さんでしたね。タイミング良く不動産投資を始めるのにも賢さや運が必要ですね。そういった運を味方につけるためには知識や賢さを身に付ける必要がありそうですね。とりあえず不動産関係や家賃収入に関しての本を借りてみようと思います。

3
3月

いつでもファクタリングサービスを使えるように

ファクタリングサービスというのは資金調達の方法であるのですが借りるということではなく、売掛金の債権を買い取ってもらうという形になります。ですから、銀行の融資を受けるというようなタイプの資金調達ではありませんので利息などが発生するということがないわけですしバランスシート的にも一切問題がないことになります。

負債が増えるということではありませんから、それこそ銀行から融資を受けようとするときに負債があるというような状況ではないということになりますのである意味とても安心できるようになります。売掛債権の買取ということになりますからあくまで自分たちの資産に対するものを現金に変えるというようなことになりますので心配することはないです。常に使わなければならないわけではないのですが使えるようにしておくと本当に困った時に助かります。

1
3月

三十路を前に焦って婚活開始!

30歳までには結婚したい!とずっと思っていて、27歳のときに付き合っていた彼氏と別れてから、出会いの段階で結婚を意識したお付き合いがしたい!と考え、婚活アプリに登録しました。
ネットで口コミ等をみて、騙されなさそうで男性が真面目に活動しているものが多いのがいいなと思い、念のために2つ程登録しました。
登録するまでがまず大変です。
プロフィール欄を完全に埋めるところから、本人確認、写真の選定まで丁寧に登録した甲斐があったのか、登録してから、たくさんの異性にメッセージをもらったり、お気に入り登録してもらったりして、モテ期がきた!と錯覚する程でした。笑
その中から、恐れ多くも選定させてもらって、結局会うまでいったのは、3人程です。
かなり厳しく選定してしました…
その中で、次も会いたいなと思ったのは、1人だけ…
婚活は厳しさがありますが、出会いは必ずあることを実感しました。

27
2月

細かいことは気にしなくていいんです

なにが婚活でなにが婚活じゃないなんて細かいことは気にしない。婚活にネガティブにならないこと。明るい未来を思い描いて周りの目など気にせず婚活すれば、その結果どうなっても後悔しないでしょう。

結婚相手って待っていても見つからないんです。特に結婚したくてしたくてたらないときは不思議なくらい出会いが無い。結婚なんてもうどっちだっていいわ~!と諦めるとなぜかすんなり結婚できちゃったりするんですよね・・・。多くの既婚者がコレを経験していると思います。

細かいことは気にしなくていいんです。痩せてからじゃないと恥ずかしいとか、お金が無いから恥ずかしいとか、そんなこと気にしていたらいつまで経っても結婚できません。

ちょっとくらい太っていた方が女性は魅力的なんですよ。預金がたんまりある女性がステキだと思う男性はごく一部なので心配無用です。

23
2月

出会いがない人には出会いアプリがオススメ

学生の頃であれば学校やアルバイト先などで異性と知り合う機会はそれなりにありますが、就職するとそれも難しくなって異性との出会いが少なくなってしまう場合が多いです。

そういった状況では恋人を作りたいと思っても難しいので、どうにか出会いを増やしたいと思う方も多いと思います。

異性と出会う方法と言っても色々とありますが、出会いアプリを利用するのが手っ取り早いのでオススメです。

出会いアプリは多くの利用者がいますし同じように出会いを求めている方がたくさん利用しているので、普段の生活の中では出会いが少ないという人でも多くの異性と知り合えます。

例えば出会いを求めて定期的に合コンを開いたり新しい趣味などを始めても出会える人数には限界がありますが、出会いアプリなら自宅に居ながら不特定多数の異性と知り合えます。

多くの人と出会えればその分だけ恋人を作れるチャンスも増えるので、異性との出会いを求めるなら出会いアプリの利用がオススメです。

22
2月

売るにも貸すにも立地は重要

かれこれ10年程前に、駅前徒歩1分のマンションの一室を購入しました。整備されたきれいな駅で、繁華街へも電車で5~15分の好立地。駅前にはスーパー、コンビニ、ドラッグストアに飲食店なども揃っており、住環境は抜群でした。マンションの南側は低層地区で、リビングの窓からの眺めも良く、とても気に入っていました。住んで5年が経過した頃、家族の都合で転居することになり、不動産売却か賃貸かでかなり迷いました。いくつかの不動産屋に査定を依頼し、話を聞きましたが、私自身がこの部屋を気に入っていたので、手放すのが惜しくなり、結局賃貸にしました。なかなかいい値段で借りてもらっています。マンションの前にある駅には、新しい路線が通るという話がかなり前からありましたが、いよいよ始動となり、今後このマンションの価値がどうなるか、気になるところです。築年数が上がるにつれ、不動産の価値が下がることは当然ですが、他都市へのアクセスが良くなったことで、少しでも価値が下がるのを食い止められたら、と思います。

17
2月

太陽光発電とオール電化の導入でお得で安心な生活

妻と長男、長女の四人暮しの44歳のサラリーマンです。
自宅を購入して12年、太陽光発電を導入して10年になります。

導入の切欠は営業の方の説明がとても解りやすかった事とシミュレーションの内容が具体的だったことです。

妻も私もフルタイムで働いていたので留守の間に子供たちだけで留守番させる事が多くなると考えてオール電化も同時に導入しました。

支払いが大変だと思っていましたが電気の売電価格が高かった時期だったので思っていたより楽でした。

何よりオール電化を同時に導入した事で太陽光発電の有効利用ができるだけでなく、調理器具からの出火の心配がなくなり子供たちにも安心して手伝って貰えるようになりました。

家族構成にもよるようですが我が家の場合は太陽光発電とオール電化の組合せで導入したこともあってかなり光熱費が抑えられて助かっています。

15
2月

職場での出会いはどんな事がある?

仕事をしていると、ついそのことに夢中になり出会いが少ないと思うことがありますね。しかし職場でも出会いとして、あるにも関わらず見逃していることもあるのです。その出会いは、どんな内容なのでしょうか。そのことについてお話します。

・職場で上司と部下の関係
職場でいろいろなことがあるので、その時に相談をすることがあります。その相談をする相手として上司が、圧倒的に多くなりますね。その場合に、相談から出会いとして付き合うことになるケースもあります。

・飲み会で意気投合
職場といっても、別の部署だと全く知らないということもあるでしょう。その時、別の部署との懇親会などで知り合うことがあります。その時に、たくさんの人と接していると、その中で特に意気投合する人もいます。その気持ちが通じ合う人は、大事にしましょう。一生のうちにそんなに合う人がいないかもしれません。

15
2月

出会系サイトでは良い思いをしました。

出会系サイトに登録したのは今から一年前のことでした。彼女に振られてしまい寂しさを紛らわせるために登録したのです。恋人関係までは考えておらず、出来れば女性の友人かセフレを探していました。出会系サイトでは女性も積極的に顔写真を載せていたため自分の好みの女性にアプローチする事から始まります。十人程度の女性にメッセージを送りその中の一人とラインで繋がる事ができました。私より一回り年下の35歳の看護師さんでした。彼女も振られたばかりでした。出会いを求めているものの仕事が多忙で男性と知り合うきっかけがなく出会系サイトに登録したそうです。知り合って以来毎日ラインでやり取りをし本当の恋人になった気分でした。そうしてお互いの距離を縮め1ヶ月後に会うことになりました。会ったのは都内のターミナル駅のカフェでした。会う前とイメージは違いましたが嫌いなタイプではありません。1度目はお茶だけ飲みお別れとなりましたが2度目に会った時にはお酒も入り男女の関係になったのでした。